13人目の怒れる男

本や映画の感想など。携帯依存症だけど何とか読書量を増やしたい日々。

営業の魔法

ウォール街の狼が明かすヤバすぎる成功術」とあわせて購入。同書がトップセールスとしての心得や具体的な営業手法、顧客との付き合い方など営業全般なのに対して、こちらは営業としての基本的なマインドや商談の際の会話の進め方が中心になっている。ウォール街を読んだあとだとやや狭く薄い印象だが、定期的に読み返して営業マインドを思い出すには良い本。