13人目の怒れる男

本や映画の感想など。暇なら携帯いじる前にとりあえず本読め!

シン・ゴジラ

おもしろかった。久々におもしろい邦画を見た気がする。

まずテンポが良いね。家族だの何だのごちゃごちゃ言う奴もなくただ危機に対応するために物語が進むから、見ていて気持ちがいいし清々しい。内閣やら何やらの対応も直接取材したとのことでリアリティがあるし、普段テレビで表しか見ない政府の内実はこんな感じなのねと感心。もっとはよ決断せんかい!というもどかしく感じながらも、各方面の合意形成に時間がかかって現場の人は大変そうだなあという印象。

国際社会の動きもやたらリアリティがあって、確かにそうなりそうだよなあと納得しちゃうし、東京に核が落とされそうになるところはなかなか心動かされる。臨時総理大臣は地味にいい味だしてるね。細かいところだと、一つだけアニメ番組がついてるテレビなんかも妙にリアリティだし、在来線が一斉に突っ込むところはかわいいなおい!と思わず笑いそうになる。ゴジラはキモいうえに強すぎて嫌悪と恐怖の対象。東京がぶっ壊されるシーンはもうこれ以上やめてくれと見ていられないほどショッキングで、こんなに恐ろしい映画だとは思わなかった。

最後はちょっと理想主義的な主人公とオタク集団がお手柄をあげるが、個人的にはリアリストな主人公の上司が好きだね。計算高いし頭もいいし、彼みたいな人間が組織には必要だ。あとは石原さとみがとにかく色っぽくてかわいい。いかにもエリートですって感じで自信満々で私って優秀でしょ?的な振る舞いがたまらんな。

とにかく、ごちゃごちゃ言ってんじゃねえぞオラ!と言いたくなるチンタラしたぬるい邦画への不満を晴らしてくれる良い映画だった。ゴッドファーザー見たときも思ったけど、もっとこういう、ズバッと思い切りよくやってくれる映画が増えると良いね。